デニス・テン 選手 急逝

0

    デニス・テン選手 急逝される

     

    カザフスタンのフィギュアスケート選手、デニス・テン選手が7月19日、急逝のニュースに世界中が衝撃を受けました。

    羽結弦選手が金メダリストになった、2014年ソチ・オリンピックでは銅メダリストに輝いた、25歳のあまりにも早い死にショックを受けた方が多いと思います。。

    5歳の時にスケートは始められ、今後が期待される選手でしたので、本当に残念です。

    強盗に襲われ命を落されるなど、運が悪かった以外に言いようのない事件に遭遇されたデニス・テン選手に、何故なのかと心が痛みます。

     

     

    ソチオリンピックの銅メダリスト デニス・テン選手(左)

     

     

     

     

    デニス・テン 選手のカラーチャートクリックで拡大

    カラーチャート_デニス・ユーリエヴィチ・テン選手

     

     

    デニス・テン選手は「イエローの人」です。

     

    「イエローの人」は、豊かな才能を持ち、我慢強く、ものごとに持続力で取り組み、最後までやり遂げる忍耐強さがあります。

    創造性が豊かな面を生かして、新しいものを創造していく能力に優れている、アスリートに多いタイプです。

     

    デニス・テン選手のバイオリズム

     

    デニス・テン選手の2018年のバイオリズムは、エネルギーのダウンする充電期間に入り、健康や怪我に注意が必要な年で、様々な問題に巻き込まれやすい時期でもありました。

     

    豊かな才能溢れる、デニス・テン選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

     

    *******************************
    <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
    ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
    ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
    ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
    *******************************

    サッカー西野朗監督の決断

    0

      サッカー・ワールドカップロシア大会

      カラーで見る西野朗監督の決断

       

      サッカー・ワールドカップ・ロシア大会で6月28日、日本代表が強豪ポーランドに0−1で敗れるも、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めました。

      誰もが想像しなかった西野監督の勇気ある決断、采配でベスト16に入ることができました

       

       

      キャプテン長谷部選手に指示する西野監督

       

       

       

      西野監督の勇気ある采配

       

      予選の2戦では、1分け1敗で勝ち点4から伸ばせませんでしたが、勝ち点や得失点差などで並んだセネガルを、今大会から導入された「フェアプレーポイント」は、2点差で日本が上回っていました。

       

      最終戦のポーランド戦では、1点ビハインドで負けていた試合を、終盤に1点を返すのではなく、長谷部選手を投入して思いがけない戦略で、守備陣を中心に選手間でボールを回し続けました。

       

      試合に負けているのにも関わらず、攻めではなく消極的なプレーに、スタジアムはブーイングの嵐の中、時間稼ぎに終始したことが試合後に批判を集めました。

       

      西野監督が、後半残り10分にキャプテンの長谷部選手を投入、ピッチ上の選手達へ「リスクは冒さず、守備的にバランスを取り、スコアはこのままでよく、不用意なファウルは、避けるように」と指示されました。

       

      この究極の選択は、西野監督と選手達間の強い信頼関係を築けている上での采配です。

      ブーイングの嵐にもめげず、監督の指示に従った選手達は、共に勝ち取った決勝進出でした。

       

      もし、采配が裏目に出たら西野監督は一生、批判を浴び続ける事になる、その覚悟を持っての決断は、誰にでも出来るものではありません。

      賛否両論があってもサッカー史上、語り継がれるであろう歴史に残る名監督の戦略、采配です。

       

      西野監督のカラーチャート(クリックで拡大)

      カラーチャート_西野監督

       

      西野朗監督の特徴をカラーで分析

       

      西野監督は、心優しい「パープルの人」です。                   

       

      パープルの人の特徴は、優しい心の持ち主です。

       

      気さくで面倒見が良く、人に好かれ周りにはいつも人が集まります。 

      理性や知性よりも、感情や人情を優先します。

      現実的で逞しく生きる力強さがあり、人の心は直感的に読み取り

       人間関係を大事にします。

      優しさが時として決断力に欠け、優柔不断と見られることが

       あります。

      新しい時代が始まる時に活躍できる、世の中の変革期には重要な

       役割を果たせる人物です。

       

      ワールドカップ決勝戦の「ベスト16」に導いた西野監督の采配に、強いリーダーシップを持つ監督かと思いました。しかし、カラーのデータでは優しい心が、時として決断力に欠け、優柔不断と見られる時がある』といわれるパープルの人」でした。

       

      優柔不断は悪い意味ではなく、今回の西野監督のように「変化に対応が早い」と言えます。

      とらえかたの問題で、ひとつのことにこだわらないで、状況の変化に対応できる良さに転じることが出来るタイプです。監督としての経験、人間としての経験で裏付けされた、勇気ある決断に繋がったのではないでしょうか。

       

      まずは、予選突破して「ベスト16」に残る、目標達成の戦略、決断は西野監督の究極の選択は凄かったです。

      普段は物静かなタイプですが、状況の変化に対応して決断、実行が出来る西野監督は、サッカー界で歴史に残る名監督として、今後の活躍が楽しみです。

       

      西野ジャパン、ベスト16に進出!

       

      日本はベスト16、唯一のアジア勢として、7月3日の決勝トーナメントでベルギーと対戦し、初の準々決勝進出を目指します。日本中のサッカーフアンは深夜であっても、全力で応援することでしょう。

      「ベスト8」めざして、頑張れニッポン!

       

       


      大迫勇也選手のパワーアップカラー

      0

        大迫勇也選手のパワーアップカラーとは?

         

         

        コロンビア戦で一躍時の人となった大迫勇也選手

         

         

         

        ワールドカップ(W杯)ロシア大会

         

        ロシア大会の1次リーグ初戦のコロンビアに、日本2−1コロンビアで劇的な勝利をしました。

        日本代表のFW、大迫勇也(ドイツ・ブレーメン所属)選手の勝ち越しヘッドで日本中が歓喜の渦に包まれました。

         

        2014年6月24日のブラジル大会1次リーグでは、コロンビアに1−4と大敗して、1次リーグ敗退を喫した因縁のコロンビアを撃破して、日本中を湧かせた19日の試合です。

         

        西野監督のワールドカップ初采配で、日本をワールドカップ初となる南米のチーム戦を勝利に導き、新たな歴史を作りました。 

         

         

        西野ジャパン初戦のコロンビア戦に勝利

         

         

         

         

        大迫選手の勝ち越しヘッド

         

         

         

         

         

        大迫勇也選手のカラーチャートクリックで拡大

         

        カラーチャート_大迫勇也選手

         

         

        大迫勇也選手のパワーアップカラー

         

        大迫選手は明るくきれいなパステルカラーがパワーアップカラーです。

        ジャパンブルーのユニフォームは、大迫選手のエネルギーがアップする「パワーアップカラー」なので、実力プラス「色の力」を味方にして、力強いプレーが出来たのではないでしょうか。

         

         

        大迫勇也選手のバイオリズム

         

        大迫選手の2018年のバイオリズムは、エネルギーが上昇し始める最初の年です。

        昨年までの3年間の充電期間はエネルギーが低下していたので、様々を問題を抱えて、思うようにいかないことも多かったのではないかと推察いたします。

        しかし、今年は「新たなスタートの年」です。エネルギーがグングン上がる時期に入ったので、2018年からは、更なるチャンスをつかんで活躍が期待できます。

         

         

        大迫勇也選手は「グリーンの人」

         

        大迫選手は、抜群の瞬発力と発想力をもつスピーディな「グリーンの人」です。

        好奇心旺盛で楽天家、束縛を嫌う自由人ですが、楽しく優しい人なので多くの人から愛されるタイプです。冒険心や探究心が強も、新たなサッカーの道を開き、突き進んでいくトップアスリートとしてのp活躍が楽しみです。

         

         

        *******************************
        <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
        ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
        ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
        ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
        *******************************

        2018年 FIFAワールドカップ 日代表のユニフォーム

        0

          2018年 FIFAワールドカップ ロシア大会 

           

          ベストユニフォームに選ばれた日本代表ユニフォーム

           

          狆/”(かちいろ)にこだわる日本代表のユニフォーム。

          「勝色」の真意は、戦う者のみが身にまとうことを許された伝統の色「藍」。ジャパンブルーのユニフォームをまとった選手たちが勝利を目指していくカラーです。

           

          ジャパンブルーの「勝色」をまとった日本代表選手

           

           

           

          米英メディアが大絶賛 

          ジャパンブルーのユニフォーム

           

          日本代表ユニフォームが、海外では高評価を受けています。

          白い縫い目と青のマッチが完璧、日本代表ユニフォームが大会ベスト!

          サッカーにさほど関心のないアメリカでも、世界的なスポーツイベントが開催されるたびに取り上げられるのが、各国のユニフォームデザインです。

           

          アメリカでは「CNN」がいち早く「最もスタイリッシュなW杯ユニフォーム」と題して、「80〜90年代前半に主流だったユニフォームのデザインに、今っぽさと各国のお国柄やカルチャーを反映させファッション性の高いものに進化させた」というアディダスとナイキの取り組みを解説。

           

          その記事の中で「ベスト・ユニフォーム」に選ばれたのがサムライ・ジャパンの青いユニフォームでした。特に、主張の強い縫い目に注目し、「古くから伝わる刺し子(さしこ)技術を使った荒い縫い目が、インディゴブルーによく映えている」と大絶賛。

           

           

          イギリスの一流紙「ザ・ガーディアン The Guardian」も、オンラインで「ファッションファーストなW杯ユニフォームはどれ?」という企画記事を展開。

          ここでも日本代表の青いユニフォームは、メキシコ、サウジアラビア、ナイジェリア、ドイツ、コロンビアなどと並んで12強に入りました。

           

          同紙によると、サムライ・ジャパンのユニフォームは「日本の美の原点であるミニマリズムを追求した」もの。今までの流れを組んだデザインでありつつも、「今回はそこにピンストライプを入れることで、より魅力的に仕上げていると、米英のメディアに發評価されています。

          Sources:

          「CNN」https://www.cnn.com/style/article/world-cup-2018-football-jerseys/index.html

          「The Guardian」https://www.theguardian.com/fashion/gallery/2018/jun/14/fashions-first-11-which-is-the-most-stylish-world-cup-kit

           

          ジャパンブルーは

          香川真司選手のパワーアップカラー「決断カラー」です

          色の力を味方に活躍が期待できます

           

           

           

           

           

          「ジャパンブルーのユニフォームをまとう日本代表選手

           

           

           

           

           

           

           

          adides JAPAN NATIONAL TEAM HOME JERASEY

           

           

           

          理乃ちゃん8歳、壕太君4歳

          未来のサッカー選手!

           

          ユニホームデザイン コンセプト

           

          <色>勝色(かちいろ)

          「勝色」とは日本の伝統色。藍染の中でも最も濃い色で、武将たちが戦いを挑むときの色とされていました。「勝色」の濃く深い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝わっています。

           

          襟はビクトリーレッド、侍の着物の前合わせ部分をイメージしたVネック部分には、日の丸の赤をあしらい、世界でも勝つ日本を表現したデザインです。

           

          <柄>刺し子柄 

          ホームユニフォームには、日本の伝統柄である「刺し子柄」が青色で入っています。
          これには初出場を果たした1998 FIFA ワールドカップ フランス大会から20年を迎えた節目ということで、これまでのワールドカップの経験を集約し、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められています。日本サッカーの歴史を築いてきたすべての選手、スタッフ、サポーター達の想いを紡いでいます。

           

          ショーツはコントラストを高めた「勝色」。

          シューズには、ユニフォームの「勝色」よりも深い濃い藍色。

          發ぅ灰鵐肇薀好箸砲茲蠖靴燭幣”乕を再現しています。

           

          ユニフォームカラーのと選手のパワーアップカラー

           

           

          ジャパンブルーは本田圭佑選手や岡崎慎司選手、武藤嘉藤紀選手、乾貴士選手、中村航輔選手には「人気カラー」であり、「勝負カラー」なので、身に着けるとエネルギーが強くなる「パワーアップカラー」です。

           

          「西野ジャパン」に選出された選手の中で、ユニフォームカラーがエネルギーになる選手の方が多く。

          ユニフォームのカラーを味方に活躍できる選手たちのグループなので、ワールドカップはき期待できます。

           

          ジャパンブルー「青」がタブーカラーの選手達

           

          Wカップ日本代表選手の中で、ユニフォームのジャパンブルー「青」がタブーの選手は5名おります。

          しかし、襟の部分の「赤」は「人気カラー」であり、「勝負カラー」です。

           

          長友選手のように「青」系が「タブーカラー」の選手には、ジャパンブルーのユニフォームは力が抜けてしまいます。「青」が「タブーカラーの選手は、長友佑都選手、昌子源選手、東口順昭選手、遠藤航選手、鰐鄰匸倭手の6名です。

           

          対策として、インナーに「ベージュ」「」「黄」「黄緑」「茶」「赤」等の「パワーアップカラー」のを身に着けると「色の力」が味方します。

           

          色の力」は、想像以上に強力です。

          ユニフォームのカラーは変えられないので、インナーに各自のパワーアップカラーを身に着ける事で、

          エネルギーは上昇することができます。

           

          開幕した「2018年FIFワールドカップ ロシア大会」日本からサムライジャパンにエールを送りましょう!

           

           

          *******************************
          <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
          ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
          ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
          ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
          *******************************

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          :::::::::::

           

           

           

           

           

           

           

           


          大谷翔平選手のパワーアップカラー

          0

            大谷翔平選手のパワーアップカラーと活躍

             

            ロサンゼル・エンジェルス大谷翔平選手(23歳)の「二刀流」の期待は、メジャーリーグの野球関係者でも高い評価をされています。

            大谷選手フィーバーは日本でも毎日、ニュースで見ない日はないくらい話題となり、野球界のヒーローは今や国民的ヒーローとなっています。

            それでは、大谷選手とはどのような人物なのか、興味深くカラーで分析して見ました。

             

            大谷翔平選手

             

            大谷選手

             

             

             

            大谷選手のカラーチャート(クリックで拡大)

            大谷選手

             

             

            大谷翔平選手の「パワーアップカラー」は

             

            大谷選手人気カラーであり、勝負カラは「」です。

            お守りカラーは「白」、やる気カラーは「黒」、精神安定カラーは「黄緑」、決断カラーは「ワイン」、健康カラーは「」、経済カラーは「」です。

             

             

            大谷翔平選手の「タブーカラー」は

             

            大谷翔平選手のタブーカラーは「」です

            残念ながら「ロサンゼル・エンジェルス」のユニフォームの基調カラー「」は、大谷選手の「タブーカラー」です。タブーカラー」とは、身に着けるとエネルギーがダウンしてしまうので、避けたいカラーです。

             

            ホームでの試合には、大谷選手の「お守りカラー」の「白」中心のユニフォームと、アウエイでは「グレー」なので少し救われますが、それでも「」は、「ロサンゼル・エンジェルス」のユニフォームの基調色になっているのが残念です。

             

            せめてプライベートでは、パワーアップカラーの「」や「」「ワイン」、疲れた時には「」や「黄緑」を身に着けてエネルギーを充電していただきたいです。

             

            「パワーアップカラー」の証明

            O-リングテスト(正式名称Bi-Digital O-Ring Test)

             

            タブーカラー」は、カラーチャートの色を指先で触っただけで力が抜けてしまします。

            その証明は、世界特許の簡単なテスト「O-リングテスト(正式名称Bi-Digital O-Ring Test)」で証明されています。O-リングテストは、手の指の力による代替医療の診断法です。ニューヨーク在住の大村恵昭教授が発明し、1993年に米国特許を取っています。。

             

            実際、カラーカウンセリングでO-リングテストした1万人のデータでも証明されております。

             

            「パワーアップカラー」とユニフォームカラー

             

            実力のある選手なので素晴らし成績をあげていますが、もし、ユニフォームのカラーが大谷選手の「ーカラー」の「」でなく、青系のパワーアップカラーだったら、色のエネルギーを味方に更なる活躍が期待できたと思います。

             

            4月27日の試合中に一塁のベースを踏んで左足首を捻挫した時に、「」のユニフォームの映像を見て心配しました。また、右肘の内側側副靱帯(じんたい)の損傷で10日間の故障者リストに入ったニュースにも驚きました。

             

            2018年のバイオリズムは發い任垢、6月の大谷選手の生体バイオリズムは下がり、年間で一番厳しい時期なので病気、怪我に注意の月です。

             

            ユニフォームは決められているので、変えるわけにはいきませんが、「赤」のユニフォームの時にはアンダーウエアーに大谷選手のパワーアップカラーを身に着けて、怪我なく元気に活躍して頂きたいものです。

             

             

            ロサンゼルス・エンゼルスの現在のユニフォーム

             

            ユニフォーム

             

             

            出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Los_Angeles_Angels#/media/File:ALW-Uniform-LAA.PNG

            ロサンジェルス・エンゼルスの現在のユニフォームの種類

            ユニフォームカラーは対戦場所により3セットを使い分けます

             

             1.Home (ホーム)

             2.Away(アウェイ→ビジター)

             3.Alt(Alternateの略(代替用)→対戦チームのユニフォームの色に応じて臨機応変に使うもの)

             

             ユニフォームは原則として「」と「白」が基調ですが、帽子はホームでもアウェイ(ビジター)でも常に「」です。しかし「母の日」には、「ピンク」の帽子をチーム全員がかぶるなど、メジャーリーグらしい微笑ましい演出もありました。

             

             1.ホームでの試合の時は、「白」

             2.相手チームのユニフォームの色によって、「

             3.敵地での試合(アウェイ)の時は、「グレー

             

            MLB(メジャーリーグ)では、アウェイ(ビジター)のユニフォームは、Away colorsとして「グレー」が基本になるようです。

             

            カラーで見る大谷選手の個性

             

            」が「人気カラー」で、「」が「タブーカラ」の人は、何事にもギブアップしない逆境に強い努力家です。孤独に強く、自らは表面に出ようとはしませんが目立つ存在になります。

            知性的で優しい社会貢献派です。

             

            トップアスリートとして活躍している人が多く、スター性がある魅力的な人が多いです。

             

            野球選手ではイチロー選手、ダルビッシュ選手、松井選手、松坂選手。サッカーでは本田選手、岡崎選手、体操選手では白井選手など、輝いているトップアスリートに多いのが特徴です。

            引退されたフギュアスケートの浅田真央さんも同じグループです。

             

            トップアスリートと色のエネルギー

             

            トップアスリートは、持って生まれた發た搬稜塾呂隼饉繊∈庸修肇蓮璽疋肇譟璽縫鵐阿巴辰┐董▲肇奪廛▲好蝓璽箸箸靴動銘屬鼎韻気譴導萍が期待されます。

             

            実力プラス、色のエネルギーを味方に出来れば「鬼に金棒」、さらにエネルギーが味方してパワーアップ、良い成績が期待できます。

             

            大谷選手の2018年のバイオリズム

             

            大谷選手の2018年のバイオリズムは、エネルギーの強い「今後の方向を決める年」です。

            今年、決定してことは今後10年間の人生の強い基盤を作ることができます。

             

            怪我が回復されて、大谷選手の更なる飛躍を、日本中のフアンが期待しています。

             

             

            *******************************
            <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
            ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
            ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
            ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
            *******************************


            calendar

            S M T W T F S
            1234567
            891011121314
            15161718192021
            22232425262728
            293031    
            << July 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM