大坂なおみ選手のパワーアップカラー

0

    大坂なおみ選手全米オープン優勝

     

    テニスの4大大会、「全米オープン2018年」がニューヨークのフラッシングメドウスで開催され、9月8日の決勝戦ではは、日本選手で男女を通して初の快挙となるシングルスで大坂なおみ選手が優勝し、世界ランク7位に浮上しました。

     

    日本で開催された「東・レパンパシフィック・オープン」では準決勝までストレートに勝ち進みましたが、23日の決勝では残念なが準優勝となりました。しかし、日本を歓喜させた、大坂なおみフィーバーは続くことでしょう。

     

     

    大坂なおみ選手 全米オープン優勝

     

     

     

     

     

     

     

    大坂なおみ選手のカラーチャートクリックで拡大

    大坂なおみ選手

     

     

    大坂なおみ選手のパワーアップカラー

     

    大坂なおみ選手の「人気カラー」であり、「勝負カラー」は「」です。テニスウエアにパワーアップカラーを取り入れられた方が、実力プラス、色の力を味方に活躍できると思います。

     

     

    大坂なおみ選手は「ネイビーブルーの人」です。

     

    「ネイビーブルー」の人の持って生まれた個性は、自分が、自分がと、前に出ようとはせず物静かですが、意志が強く忍耐力は抜群な完全主義者です。どのように状況が厳しくなっても苦境を乗り越えて成し遂げる力があります。しかし、プライドが高く負けず嫌い、感情の起伏が激しく、頑固で大変個性が強いので、あまり仲間と群れる事はありませんが、胸襟を開ける良き理解者を得ることで実力を発揮することができます。

     

    サーシャ バインコーチのように、大坂なおみ選手の個性を理解できるコーチとめぐりあい、大坂なおみ選手の良さを引き出してくれるコーチのサポートで、精神力を高めてトップに登りつめられる事を期待して、今後の活躍が楽しみな選手です。

     

    「ネイビーブルーの人」は、負けず嫌いな努力家で完全主義者でトップアスリートに多く、野球のイチロー選手、ダルビッシュ選手、フギュアスケートの宇野昌磨選手などが活躍されています。

     

     

     

     

      サーシャ バイン コーチ

     

     

                        

     

     

     

     

     

    Mr. Sascha Bajinのカラーチャートクリックで拡大

    コーチ

     

     

     

    サーシャバインコーチは「イエローグリーンの人」

     

    「イエローグリーンの人」は、豊かな才能と魅力で安定した人生を蓄積できます。我慢強く、就着心、持続力で何かに取り組むと最後までやり遂げ、逆境にも防御の姿勢で忍耐強く跳ね返す力があります。

    個性の強い、大坂なおみ選手のコーチとして我慢強く、成長へと導ける人物です。

     

     

     

    *******************************
    <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
    ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
    ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
    ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
    *******************************

    吉田輝星選手のパワーアップカラー

    0

      新たなヒーロー誕生 吉田 輝星 選手

       

      第100回、全国高校野球選手権記念大会で準優勝した金足農業は、農業高校として今大会唯一出場し、秋田勢として第1回大会以来、103年ぶりに決勝へ進出しました。

      連日の激闘に日本中を湧かせ、甲子園から新たなヒーローが誕生しました。

       

      吉田 輝星 選手

       

       

       

       

      吉田輝星選手のパワーアップカラーチャート

      カラーチャート_吉田選手

      カラーチャート画像クリックで拡大

       

      吉田 輝星 選手のパワーアップカラー

       

      「金足農」のスクールカラーのユニフォーム「」は、吉田選手の「お守りカラー」です。

      吉田選手にはユニフォームカラー「」の、色のエネルギーは味方になりました。ユニフォームが選手のパワーアップカラーの場合は、実力以上の力を発揮することができます。

       

       

      U−18アジア大会のユニフォームカラー

       

      9月3日に宮崎で開幕する、野球の第12回Uー18(18歳以下)アジア選手権に出場する高校日本代表が26日、東京都内で結団式を行いました。主将の中川卓選手(大阪桐蔭)は記者会見で「国を代表する重みを力に変えて頑張りたい」と抱負を語りました。

       

      永田裕治監督からキーマンの一人として挙げられた吉田輝星選手は,強気な投球が持ち味で「全力を出したい」と意欲を示しました。アジア選手権は8カ国・地域が参加。日本は大会2連覇が懸かります。

       

       

      ホームのユニフォーム

       

       

       

       

      アウェイのユニフォーム

       

       

       

      侍ジャパンのユニフォーム

       

      「侍ジャパン」が着用するこのユニフォームは、デザインモチーフに日本の伝統を取り入れて「ファンと選手をつなぐユニフォーム」というコンセプトを表現しています。

       

      ユニフォームには4つの日本の伝統色

       

      古来、侍が戦に勝ちをもたらすとして甲冑を染め上げた「青褐色(おかちいろ)」。神聖と清浄無垢の象徴である日の丸の赤である「紅色(くれないいろ)」。優美さと力強さの象徴「黄金色(こがねいろ)」。


      ユニフォームのストライプ部分は無数に繋がった小さな和で表現しています。これは日本の伝統的な縞模様のひとつである「輪つなぎ」を取り入れたもので、色違いの無数の輪がつくりだす繋がりは、ファンと選手の間にある限りない想いの繋がりを象徴します。

       

       

      ユニフォームカラーは、吉田輝星選手のパワーアップカラー

       

      青褐色」は、吉田輝星選手が迷うことなく着き進める「決断カラー」です。「紅色」は、モチベーションを上げる「経済カラー」、「黄金色」は気力が漲る「やる気カラー」です。アジア選手権でもパワーアップカラーのユニフォームを味方に、吉田輝星選手の活躍が期待できます

       

       

       

      吉田輝星選手の個性は、「ディープグリーンの人」

       

      吉田選手の個性は「大らかでマイペース、小さい事にはこだわらずに、困難に陥ってもくよくよ悩まない楽天家」です。

       

      バイオリズムは、2016年よりエネルギーが低下している「充電期間」ですが、今年は充電期間の最後の年で、エネルギーが徐々に上昇して来たところです。

       

      2019年は、吉田選手のエネルギーが強くなる「新たなスタートの年」に入ります。プロの道でも、大学進学でも、周りに振り回されないで、ご自身の希望の道に進めることを願います。

       

      周囲の思惑や動向、自分がどのように見られているかなど、些細なことはあまり気にならない温和な気持ちの持ち主です。 

       

       

       

       

       

       

       

      *******************************
      <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
      ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
      ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
      ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
      *******************************

      デニス・テン 選手 急逝

      0

        デニス・テン選手 急逝される

         

        カザフスタンのフィギュアスケート選手、デニス・テン選手が7月19日、急逝のニュースに世界中が衝撃を受けました。

        羽結弦選手が金メダリストになった、2014年ソチ・オリンピックでは銅メダリストに輝いた、25歳のあまりにも早い死にショックを受けた方が多いと思います。。

        5歳の時にスケートは始められ、今後が期待される選手でしたので、本当に残念です。

        強盗に襲われ命を落されるなど、運が悪かった以外に言いようのない事件に遭遇されたデニス・テン選手に、何故なのかと心が痛みます。

         

         

        ソチオリンピックの銅メダリスト デニス・テン選手(左)

         

         

         

         

        デニス・テン 選手のカラーチャートクリックで拡大

        カラーチャート_デニス・ユーリエヴィチ・テン選手

         

         

        デニス・テン選手は「イエローの人」です。

         

        「イエローの人」は、豊かな才能を持ち、我慢強く、ものごとに持続力で取り組み、最後までやり遂げる忍耐強さがあります。

        創造性が豊かな面を生かして、新しいものを創造していく能力に優れている、アスリートに多いタイプです。

         

        デニス・テン選手のバイオリズム

         

        デニス・テン選手の2018年のバイオリズムは、エネルギーのダウンする充電期間に入り、健康や怪我に注意が必要な年で、様々な問題に巻き込まれやすい時期でもありました。

         

        豊かな才能溢れる、デニス・テン選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

         

        *******************************
        <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
        ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
        ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
        ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
        *******************************

        サッカー西野朗監督の決断

        0

          サッカー・ワールドカップロシア大会

          カラーで見る西野朗監督の決断

           

          サッカー・ワールドカップ・ロシア大会で6月28日、日本代表が強豪ポーランドに0−1で敗れるも、フェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めました。

          誰もが想像しなかった西野監督の勇気ある決断、采配でベスト16に入ることができました

           

           

          キャプテン長谷部選手に指示する西野監督

           

           

           

          西野監督の勇気ある采配

           

          予選の2戦では、1分け1敗で勝ち点4から伸ばせませんでしたが、勝ち点や得失点差などで並んだセネガルを、今大会から導入された「フェアプレーポイント」は、2点差で日本が上回っていました。

           

          最終戦のポーランド戦では、1点ビハインドで負けていた試合を、終盤に1点を返すのではなく、長谷部選手を投入して思いがけない戦略で、守備陣を中心に選手間でボールを回し続けました。

           

          試合に負けているのにも関わらず、攻めではなく消極的なプレーに、スタジアムはブーイングの嵐の中、時間稼ぎに終始したことが試合後に批判を集めました。

           

          西野監督が、後半残り10分にキャプテンの長谷部選手を投入、ピッチ上の選手達へ「リスクは冒さず、守備的にバランスを取り、スコアはこのままでよく、不用意なファウルは、避けるように」と指示されました。

           

          この究極の選択は、西野監督と選手達間の強い信頼関係を築けている上での采配です。

          ブーイングの嵐にもめげず、監督の指示に従った選手達は、共に勝ち取った決勝進出でした。

           

          もし、采配が裏目に出たら西野監督は一生、批判を浴び続ける事になる、その覚悟を持っての決断は、誰にでも出来るものではありません。

          賛否両論があってもサッカー史上、語り継がれるであろう歴史に残る名監督の戦略、采配です。

           

          西野監督のカラーチャート(クリックで拡大)

          カラーチャート_西野監督

           

          西野朗監督の特徴をカラーで分析

           

          西野監督は、心優しい「パープルの人」です。                   

           

          パープルの人の特徴は、優しい心の持ち主です。

           

          気さくで面倒見が良く、人に好かれ周りにはいつも人が集まります。 

          理性や知性よりも、感情や人情を優先します。

          現実的で逞しく生きる力強さがあり、人の心は直感的に読み取り

           人間関係を大事にします。

          優しさが時として決断力に欠け、優柔不断と見られることが

           あります。

          新しい時代が始まる時に活躍できる、世の中の変革期には重要な

           役割を果たせる人物です。

           

          ワールドカップ決勝戦の「ベスト16」に導いた西野監督の采配に、強いリーダーシップを持つ監督かと思いました。しかし、カラーのデータでは優しい心が、時として決断力に欠け、優柔不断と見られる時がある』といわれるパープルの人」でした。

           

          優柔不断は悪い意味ではなく、今回の西野監督のように「変化に対応が早い」と言えます。

          とらえかたの問題で、ひとつのことにこだわらないで、状況の変化に対応できる良さに転じることが出来るタイプです。監督としての経験、人間としての経験で裏付けされた、勇気ある決断に繋がったのではないでしょうか。

           

          まずは、予選突破して「ベスト16」に残る、目標達成の戦略、決断は西野監督の究極の選択は凄かったです。

          普段は物静かなタイプですが、状況の変化に対応して決断、実行が出来る西野監督は、サッカー界で歴史に残る名監督として、今後の活躍が楽しみです。

           

          西野ジャパン、ベスト16に進出!

           

          日本はベスト16、唯一のアジア勢として、7月3日の決勝トーナメントでベルギーと対戦し、初の準々決勝進出を目指します。日本中のサッカーフアンは深夜であっても、全力で応援することでしょう。

          「ベスト8」めざして、頑張れニッポン!

           

           


          大迫勇也選手のパワーアップカラー

          0

            大迫勇也選手のパワーアップカラーとは?

             

             

            コロンビア戦で一躍時の人となった大迫勇也選手

             

             

             

            ワールドカップ(W杯)ロシア大会

             

            ロシア大会の1次リーグ初戦のコロンビアに、日本2−1コロンビアで劇的な勝利をしました。

            日本代表のFW、大迫勇也(ドイツ・ブレーメン所属)選手の勝ち越しヘッドで日本中が歓喜の渦に包まれました。

             

            2014年6月24日のブラジル大会1次リーグでは、コロンビアに1−4と大敗して、1次リーグ敗退を喫した因縁のコロンビアを撃破して、日本中を湧かせた19日の試合です。

             

            西野監督のワールドカップ初采配で、日本をワールドカップ初となる南米のチーム戦を勝利に導き、新たな歴史を作りました。 

             

             

            西野ジャパン初戦のコロンビア戦に勝利

             

             

             

             

            大迫選手の勝ち越しヘッド

             

             

             

             

             

            大迫勇也選手のカラーチャートクリックで拡大

             

            カラーチャート_大迫勇也選手

             

             

            大迫勇也選手のパワーアップカラー

             

            大迫選手は明るくきれいなパステルカラーがパワーアップカラーです。

            ジャパンブルーのユニフォームは、大迫選手のエネルギーがアップする「パワーアップカラー」なので、実力プラス「色の力」を味方にして、力強いプレーが出来たのではないでしょうか。

             

             

            大迫勇也選手のバイオリズム

             

            大迫選手の2018年のバイオリズムは、エネルギーが上昇し始める最初の年です。

            昨年までの3年間の充電期間はエネルギーが低下していたので、様々を問題を抱えて、思うようにいかないことも多かったのではないかと推察いたします。

            しかし、今年は「新たなスタートの年」です。エネルギーがグングン上がる時期に入ったので、2018年からは、更なるチャンスをつかんで活躍が期待できます。

             

             

            大迫勇也選手は「グリーンの人」

             

            大迫選手は、抜群の瞬発力と発想力をもつスピーディな「グリーンの人」です。

            好奇心旺盛で楽天家、束縛を嫌う自由人ですが、楽しく優しい人なので多くの人から愛されるタイプです。冒険心や探究心が強も、新たなサッカーの道を開き、突き進んでいくトップアスリートとしてのp活躍が楽しみです。

             

             

            *******************************
            <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
            ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
            ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
            ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
            *******************************


            calendar

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>

            selected entries

            categories

            archives

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM