2018年 FIFAワールドカップ 日代表のユニフォーム

0

    2018年 FIFAワールドカップ ロシア大会 

     

    ベストユニフォームに選ばれた日本代表ユニフォーム

     

    狆/”(かちいろ)にこだわる日本代表のユニフォーム。

    「勝色」の真意は、戦う者のみが身にまとうことを許された伝統の色「藍」。ジャパンブルーのユニフォームをまとった選手たちが勝利を目指していくカラーです。

     

    ジャパンブルーの「勝色」をまとった日本代表選手

     

     

     

    米英メディアが大絶賛 

    ジャパンブルーのユニフォーム

     

    日本代表ユニフォームが、海外では高評価を受けています。

    白い縫い目と青のマッチが完璧、日本代表ユニフォームが大会ベスト!

    サッカーにさほど関心のないアメリカでも、世界的なスポーツイベントが開催されるたびに取り上げられるのが、各国のユニフォームデザインです。

     

    アメリカでは「CNN」がいち早く「最もスタイリッシュなW杯ユニフォーム」と題して、「80〜90年代前半に主流だったユニフォームのデザインに、今っぽさと各国のお国柄やカルチャーを反映させファッション性の高いものに進化させた」というアディダスとナイキの取り組みを解説。

     

    その記事の中で「ベスト・ユニフォーム」に選ばれたのがサムライ・ジャパンの青いユニフォームでした。特に、主張の強い縫い目に注目し、「古くから伝わる刺し子(さしこ)技術を使った荒い縫い目が、インディゴブルーによく映えている」と大絶賛。

     

     

    イギリスの一流紙「ザ・ガーディアン The Guardian」も、オンラインで「ファッションファーストなW杯ユニフォームはどれ?」という企画記事を展開。

    ここでも日本代表の青いユニフォームは、メキシコ、サウジアラビア、ナイジェリア、ドイツ、コロンビアなどと並んで12強に入りました。

     

    同紙によると、サムライ・ジャパンのユニフォームは「日本の美の原点であるミニマリズムを追求した」もの。今までの流れを組んだデザインでありつつも、「今回はそこにピンストライプを入れることで、より魅力的に仕上げていると、米英のメディアに發評価されています。

    Sources:

    「CNN」https://www.cnn.com/style/article/world-cup-2018-football-jerseys/index.html

    「The Guardian」https://www.theguardian.com/fashion/gallery/2018/jun/14/fashions-first-11-which-is-the-most-stylish-world-cup-kit

     

    ジャパンブルーは

    香川真司選手のパワーアップカラー「決断カラー」です

    色の力を味方に活躍が期待できます

     

     

     

     

     

    「ジャパンブルーのユニフォームをまとう日本代表選手

     

     

     

     

     

     

     

    adides JAPAN NATIONAL TEAM HOME JERASEY

     

     

     

    理乃ちゃん8歳、壕太君4歳

    未来のサッカー選手!

     

    ユニホームデザイン コンセプト

     

    <色>勝色(かちいろ)

    「勝色」とは日本の伝統色。藍染の中でも最も濃い色で、武将たちが戦いを挑むときの色とされていました。「勝色」の濃く深い藍を出すためには布を叩きながら染めるため、「叩く=褐(かつ)=勝つ」にかけて、勝利への験担ぎをしていたと伝わっています。

     

    襟はビクトリーレッド、侍の着物の前合わせ部分をイメージしたVネック部分には、日の丸の赤をあしらい、世界でも勝つ日本を表現したデザインです。

     

    <柄>刺し子柄 

    ホームユニフォームには、日本の伝統柄である「刺し子柄」が青色で入っています。
    これには初出場を果たした1998 FIFA ワールドカップ フランス大会から20年を迎えた節目ということで、これまでのワールドカップの経験を集約し、ロシア大会へ挑むというメッセージが込められています。日本サッカーの歴史を築いてきたすべての選手、スタッフ、サポーター達の想いを紡いでいます。

     

    ショーツはコントラストを高めた「勝色」。

    シューズには、ユニフォームの「勝色」よりも深い濃い藍色。

    發ぅ灰鵐肇薀好箸砲茲蠖靴燭幣”乕を再現しています。

     

    ユニフォームカラーのと選手のパワーアップカラー

     

     

    ジャパンブルーは本田圭佑選手や岡崎慎司選手、武藤嘉藤紀選手、乾貴士選手、中村航輔選手には「人気カラー」であり、「勝負カラー」なので、身に着けるとエネルギーが強くなる「パワーアップカラー」です。

     

    「西野ジャパン」に選出された選手の中で、ユニフォームカラーがエネルギーになる選手の方が多く。

    ユニフォームのカラーを味方に活躍できる選手たちのグループなので、ワールドカップはき期待できます。

     

    ジャパンブルー「青」がタブーカラーの選手達

     

    Wカップ日本代表選手の中で、ユニフォームのジャパンブルー「青」がタブーの選手は5名おります。

    しかし、襟の部分の「赤」は「人気カラー」であり、「勝負カラー」です。

     

    長友選手のように「青」系が「タブーカラー」の選手には、ジャパンブルーのユニフォームは力が抜けてしまいます。「青」が「タブーカラーの選手は、長友佑都選手、昌子源選手、東口順昭選手、遠藤航選手、鰐鄰匸倭手の6名です。

     

    対策として、インナーに「ベージュ」「」「黄」「黄緑」「茶」「赤」等の「パワーアップカラー」のを身に着けると「色の力」が味方します。

     

    色の力」は、想像以上に強力です。

    ユニフォームのカラーは変えられないので、インナーに各自のパワーアップカラーを身に着ける事で、

    エネルギーは上昇することができます。

     

    開幕した「2018年FIFワールドカップ ロシア大会」日本からサムライジャパンにエールを送りましょう!

     

     

    *******************************
    <パワーアップカラー・オフィシャル ブログ リンク集>
    ※パワーアップカラー アカデミー http://puc-academy.co.jp/
    ※パワーアップ ジュエリー http://powerup-jewelry.co.jp/
    ※クリスタルガード パワージュエリー http://www.crystalguard-gem.com/
    *******************************

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    :::::::::::

     

     

     

     

     

     

     

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM